断捨離の方法やコツをご紹介。年末の大掃除に向けて必見!

断捨離の方法やコツをご紹介。年末の大掃除に向けて必見!

今年も残すところあと僅かですね!一年の早さにビックリしますω`)

これから年末に向けて色々すべきことが増えていきますね~!!!
大掃除もその一つ。年末にバタバタしたくないからと早めに計画を立てて、コツコツ掃除する方もいらっしゃいますよね!そんな方尊敬します!!え、私ですか?私はまぁ・・・・((+_+))「今年こそは!」と毎年思っているタイプですね(笑)!

私が掃除の腰が重いのは、やはり物が多いからです。何か自分の掃除のモチベーションを上げる方法がないものかと、最近よく耳にする「断捨離」を取り入れてみることにしました。

今回はこの断捨離について、方法やコツなど紹介させて頂きます(^-^)

Advertisement

断捨離とは?

断捨離は、必要ない物を捨てていくことで物への執着を捨てるというコンセプトの片付け術です。

人間が新陳代謝(老廃物を排出して、新しい栄養素を取り込むこと)で健康を維持しているように私たちの住む家にもそんな新陳代謝が必要なんです。

家の新陳代謝が上手くいけば、気持ちもきっとスッキリサッパリしますよね♡
そんなことから、断捨離とは、心のヨガと言われているんですよ(^^♪

また、断捨離をすることで、自分にとって本当に必要な物、価値のある物が分かるようになってきます!

断捨離どうやってするの?

ただの掃除と思いきや、心のためと言われたら、難しいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんね!でもそんなことはありません(^^)/

物を処分するのに、皆さんは何を基準にしていますか?

「使える?使えない?」ということを基準にしている方が多いのではないでしょうか。確かに、使えない物は取っておいても場所を取って邪魔になるだけなので、その判断基準でもいいように思えます。

でも、断捨離の物を片付ける時の基準は「使うのか?使わないのか?」なのです。

例えば、前者の基準で洋服を整理すると、傷んでいる洋服は使えないので処分しますが、傷んでいない洋服はまだまだ使える物なので、あまり着ない服でも取っておくことになりますよね。

断捨離の基準は使うのかどうかなので、傷んでいない洋服だとしても普段着ていない服ならば処分の対象になります。

「もったいないな~」と思うと、なかなか処分に踏み切れず「いつか着るかも」と残してしまいがちですが、この「いつか着るかも」は、実は、物への執着の言い訳でしかありません。

物は使わないと何の価値もありません。本当に使う物だけを残すことが断捨離なのです!

断捨離のコツは?

断捨離の考え方を理解したところで、今度は断捨離のコツを書いてみますね。

①段ボールを数個用意して、それぞれに「衣類」とか「生活用品」とかジャンルを書いていきます。
片付けようと思う箇所の物を、そのジャンル別に仕分けして箱に入れていきます。入れる際に、「これはもう使わない」と思えば、そのまま処分します。
①〜②のあと、箱に入っているのは「使おうと思っている物」になります。

③最後に、箱の中の物を本当に使うのか仕分けしていきます。

これで、大分すっきりするのではないでしょうか(^^♪
手当たり次第使うか考えていくより、同じジャンルで仕分けしていく方が、効率がいいですね!

ちなみにホリエモンも片付けが苦手みたいですよ!彼は使わない物はフリマアプリを使うのをおすすめしています。必要ないものでお小遣い稼ぎ!うん、いいですね~(*^^*)


どうでしたか?本当に使う物、自分にとって価値のある物に囲まれたすっきりした生活って憧れますよね断捨離、やってみたくなりました( *´艸`)
年末の大掃除の前に、断捨離を実行してみたいと思います!!!

ただ、自分にとっては使わないように思えても家族にとっては使う物かもしれないので、自分の物以外を、断捨離を理由に勝手に捨てるのはダメですよ!!

生活カテゴリの最新記事