ガスレンジ掃除の専用洗剤はどれがおすすめ?きれいに磨くコツも紹介

ガスレンジの掃除は
どの洗剤を使うといいんでしょうか?

色んな洗剤が売られているから、
何を使えば汚れがキレイになるのか、
すごく迷ってしまいますよね…。

そこで今回は、
ガスレンジの汚れをキレイにする、
とっておきのアイテムをご紹介!

実は洗剤を使わなくても
ガスレンジの汚れは落とせるので、
ぜひ試してみてくださいね!

スポンサーリンク

ガスレンジ掃除に重曹がいいって本当?正しい方法を知ろう!

ガスレンジの掃除には
重曹を使うのがベスト!

重曹は、
ガスレンジの焦げ付き
油汚れなどを落とすのに、
実はとっても効果的なんですよ。

洗剤を使わなくても
簡単に掃除できるので、
試してみるといいでしょう。

では、重曹を使った
正しいガスコンロの掃除の仕方を
説明します。

①重曹水を作る
まずスプレーボトルに
100mlの水と小さじ1杯の重曹を入れ、
蓋をしてよく振って
重曹を溶かしてください。

これで重曹水が完成しますよ!

この重曹水は、
とても便利な洗剤代わりになるので、
ガスレンジの掃除の際には
作っておきましょう。

②ガスレンジの部品を取り外し重曹水を吹きかけて磨く
ガスレンジの
バーナーキャップや五徳など、
パーツを取り外したら、
先ほど作った重曹水を吹きかけ、
スポンジや使い古した歯ブラシなどで
磨いていきましょう。

特にバーナーキャップの
細かい部分などは、
歯ブラシを使うと
キレイに掃除できますよ!

もちろんガスレンジ台も、
重曹水をスプレーして
スポンジで磨いていけば
キレイになります。

以上、重曹を使った
正しいガスレンジの掃除の仕方でした!

ヘタに洗剤を使うより、
とっても簡単に、
ガスレンジの汚れを落とすことが
出来るんですよ。

しかも、
重曹水はガスレンジだけでなく、
電子レンジ冷蔵庫の掃除にも役立つので、
すっごく便利なんです!

我が家でも、
掃除によく重曹を使っていますが、
洗剤を使うよりも
汚れが落ちやすいので、
ガスレンジの掃除には
どんどん重曹を活用していきましょう!

 

ガスレンジ掃除はつけおきが楽!誰でも楽にピカピカにする方法とは⁉

ガスレンジの汚れが頑固で、
重曹をスプレーして磨いても
なかなかキレイにならない時は、
つけおき洗いをしましょう。

①45℃くらいのお湯を
洗い桶などに張り、
そこに重曹を適量入れて溶かします。

②次に、
その中にガスレンジのパーツを入れて、
30分以上つけおきしましょう。

③30分経ったら、スポンジや歯ブラシで、
ガスレンジのパーツを磨いていくだけ。

とっても簡単な方法で
汚れが落とせるんですね!

ただし、
それでもまだ汚れが落とせなかったら、
今度はガスレンジのパーツを
煮沸してつけおきしていきましょう!

①鍋にガスレンジのパーツと、
水1リットルと
重曹大さじ1杯を入れて
沸騰させていきます。

②そして沸騰したら火にかけたまま
10分間つけおきし、
汚れを浮かせていきましょう。

③10分後、火を止めて
ガスレンジのパーツを取り出し、
スポンジなどで磨いていけば、
頑固な汚れもスッキリ落とせますよ!

ちなみにこの時、
くれぐれも火傷をしないように
ゴム手袋などをして、
気を付けて掃除してください。

重曹って本当に便利なんですね!

私も大掃除でガスレンジを掃除する時は、
重曹を活用していこうと思います。

あなたの家庭でもぜひ、
重曹を使って
ガスレンジの掃除を楽にしましょう!

 

まとめ

ガスレンジの掃除には
洗剤を使うよりも、
重曹を溶かした水をスプレーして磨く方が、
簡単にキレイになりますよ。

スプレーだけでは落ちない汚れは、
重曹をお湯で溶かし、
その中にガスレンジのパーツを入れ、
つけおき洗いするのがおすすめ。

もしくは、鍋に、
ガスレンジのパーツと重曹と水を入れ、
煮沸してつけおき洗いするのも効果的なので、
年末の大掃除の時などには
ぜひ試してみてくださいね!
タイトルとURLをコピーしました