黄ばみやにおいは落とせる!液体と粉末の漂白剤の使い分け方法とは?

洗濯したお洋服を干そうとしたとき、

「あれ…?変なニオイがする…」
「脇に汗染みができてる…」

なんて気づいてしまったら
テンションが下がってしまいますよね?

 
この犯人は、繊維の奥に
べったりこべりついてしまった
見えない汚れやニオイ!

 
 
そんな
お洗濯に苦労している方に
是非お伝えしたいのが

酸素系漂白剤』を使った
効果的なお洗濯方法です♪

 
実は『酸素系漂白剤』は
症状に合わせて、
液体と粉末を使い分けることによって
さらに効果が得られるんです!

毎日の洗濯には『液体』を適量入れ、
頑固なニオイや黄ばみには『粉末』を使うと
効果はバツグンなんです!

 
それでは、
詳しいお洗濯方法を
お伝えしていきますね♪

 
 
スポンサーリンク

効果抜群!洗濯汚れに対する漂白剤の使い分けのポイントとは?

目立つ汚れやニオイが
目につかないときは、

『液体』の酸素系漂白剤
適量洗濯機に投入するだけでOK!

 
落ちにくい汚れには
直接散布して洗うことを
オススメします♪

 
 
問題は
しつこい黄ばみやニオイ”!
これについて解説していきますね!

 
実は『粉末』の酸素系漂白剤
液体タイプより
汚れを落とす力が強力なんです!

ガンコでなかなか落ちない
蓄積した汚れも、
30分~2時間つけ置きするだけで
落とせちゃう優れもの♪

 
使用時のポイントは、
『ぬるま湯』を使うこと!

 
酸素系漂白剤は50℃前後の温度で
最も力を発揮してくれます。

なので、
お湯が冷めてしまわないように
フタをするなどをして、

できるだけ保温する工夫
一緒にしてあげてくださいね。

 
反面、
これだけの強力な洗浄力ですから
誤った使用方法をしてしまうと、

衣類に
甚大なダメージを与えてしまうことも
留意してください!

 
 
つけ置きは長くても2時間まで!
 
ご紹介した通り、
漂白剤は非常に強力なものです。

 
一定の時間を超えると、
黒ズミの原因になったり
繊維がダメージを受けてしまいます。

つけ置き前に
衣類の品質表示もしっかりチェックして
使ってくださいね!

 
 
◇絶対に素手で漂白剤に触れない
 
「ちょっとくらい…」と思って
素手で漂白剤に触れたことが
ある方もいるはず。(私ですw)

 
その際、付着したところが
「ヌルッ」としなかったですか?

あれ、
濡れて滑っているワケじゃないんです。

 
実は皮膚が溶けて
「ヌルッ」としているんだそうです。

それを聞いて以来、
絶対素手で触るのをやめた私です…。
それくらい強力なんです…。

 
 
ウールやシルク、
金属がついている衣服には使わない
 
変色の原因になります!
使用はやめましょう!

 
注意事項を意識して
上手く活用してみてくださいね♪

 
 

今更聞けない!「酸素系」と「塩素系」漂白剤の違いを簡単解説

『漂白剤』と一口に言っても
酸素系”と“塩素系”の
大きく分けて2種類が
販売されていると思います。

 
これって何が違うのか
イマイチわからない…。
と、言う方もいらっしゃるはず!

簡単に言うと
『含まれている成分』が違います。

 
塩素系”は次亜塩素酸ナトリウム
酸素系”は過炭酸ナトリウム過酸化水素です。

 
理科みたいですね。(笑)

 
“塩素系”は非常に
漂白・抗菌力が強いのが特徴です。

そのため、水回りの黒ズミ除去などの
使用用途がメインで、
通常の衣類洗濯にはあまり向いていません。

 
と、言うのも
普通に使ってしまうと
色物衣類の色素を破壊してしまうんです…!

お気に入りのお洋服が、
見るも無残な状態に
なってしまうかもしれないので、
色・柄物には絶対に使用しないでください

 
 
“酸素系”は
塩素系より漂白力は落ちますが

その分、
繊維を傷めにくく汚れ自体の除去に
働いてくれる優れモノ。

そのため、
色・柄物にも使用ができる漂白剤なんです。

 
さらに、
殺菌・除菌効果もあるため
ニオイの除去にも役立つ…ということ!

 
漂白剤と言葉を聞いたら
「とにかく真っ白にするもの!」
というイメージがありますが
実は違うんですよ~!

 
 

まとめ

夏場はとくに汗もかきますし
ニオイも気になりますよね!

でも寒い時期も
油断はできないんです…。

 
夏のように汗はかきませんが
その分、
ニオイ成分が凝縮された汗をかきやすい
という研究結果もあるそう。

そのニオイが洗濯物に染みついたら…なんて
考えたらゾッとしますよね!

 
お洗濯をするうえでつけ置きは
ちょっとした手間ですけど、
干す際に
サッパリ綺麗に仕上がってくれたら
やっぱり気持ちいいものです。

 
便利なものを上手く活用して、
大切なお洋服を清潔に、
そして綺麗に保ちたいですね♪
タイトルとURLをコピーしました