ヒートテックの寿命は何年?交換のタイミングが分かる2つのポイント

寒い冬に着るインナーといえば、
ヒートテックです。

ヒートテックは薄い素材で体を
暖かいまま保ってくれるので、
着ぶくれをせずに冬のおしゃれを
楽しむことができます。

ただ、ヒートテックを使っていて
一体何年持つんだろう、と気になったことは
ありませんか?

買ったばかりのヒートテックは
もちろん暖かいのですが、年数が経つと
その効果が薄れているような
気もしてきますよね。

実は、ヒートテックの寿命ははっきりとは
決まっていません。

使用頻度や管理の仕方によって、
1~3年くらいで寿命になります。

ヒートテックの寿命が来たかどうかを
見分けるポイントは、
・生地が伸びた
・透けるようになった

このどちらかに当てはまる場合は
交換したほうがいいですね。

 
スポンサーリンク

ヒートテックの暖かさのヒミツが寿命に影響⁈2つの便利な再利用法

冒頭でも述べたように、ヒートテックは
平均して1~3年は持ちます。

かなり幅があるのは、丁寧に着れば
寿命が延びるためです。

また、交換する目安としては、
生地が伸びてしまうか透けるように
なったときがいいでしょう。

なぜヒートテックの生地が伸びたり
透けたりすると交換したほうが
いいのでしょうか?

それは、ヒートテックの特徴を知れば
分かります。

ヒートテックが暖かい仕組みとして、
  • 生地がつまっている(綿密な)こと
  • 肌に密着して暖かさを保つこと
があります。

まず、ヒートテックには
髪の毛の1/10の細さのマイクロアクリル
繊維が使われています。

この繊維が多くの層を作ることにより、
密度の高い生地ができあがるのです。

また、ヒートテックは体から出る汗や
水蒸気を吸収しエネルギーに変えて
発熱します。

肌に密着することで、エネルギーへの変換が
効率よく行なわれるようになり、
暖かくなるのです。

もし生地が伸びて体との間に隙間が
できてしまうと、水蒸気の吸収が
うまくいきませんよね。

また、ヒートテックが透けるほど
薄くなるということは、
層が崩れているという証拠です。

なので、生地が伸びたり透けるように
なったりしたら新しいヒートテックを
買いましょう。

 
では、寿命を迎えて保温性が
下がってしまったヒートテックは
捨てるしかないのでしょうか?

古くなったヒートテックは、
別の使い道があります。

2つほど紹介しましょう。

 

普通のインナーとして使う

ヒートテックの最大の特徴である保温性は
下がっていますが、寒くない時期の
インナーとしてならまだ十分に使えます。
 
最近は暑い日や寒い日が増えて、
春らしい気温や秋らしい気温の日は
減ってきています。

春や秋のためにわざわざ新しくインナーを
用意するのは面倒だと思いませんか?

そこまで暖かさを求めていないので、
古くなったヒートテックをそれらの季節に
着るようにすれば、とても便利ですね。

 

クロスとして使う

ハサミで適度な大きさにカットして、
掃除のときに使うクロスにリメイクする
という方法もあります。

カットしたヒートテックを
水にちょっとだけ濡らしてキッチンの
水道や洗面台を磨くと
かなり綺麗になりますよ。

使い捨てもできるので衛生的ですね。

 

あなたの洗濯方法は大丈夫?ヒートテックを長持ちさせる2つのコツ

使い方によってヒートテックの寿命は
変わります。

できれば長く使いたいですね。

ヒートテックを長持ちさせるのは、
以下の2つは絶対守りましょう。
  • ネットに入れて洗濯する
  • 乾燥機は使わず陰干しする
一番いい洗い方は手洗いですが、
毎回そうするのは面倒ですよね。

ならば、ネットに入れて少しでも摩擦を
減らしましょう。
 
また、乾燥機の高熱に長時間さらされると
繊維が傷むので陰干しで干すように
してください。

 

まとめ

最近は、内側だけコットン素材の
ヒートテックや、より暖かいヒートテック
など、いろいろなものが発売されています。

しかし、どのヒートテックも洗濯方法は
基本的に同じです。

できるだけ摩擦を減らして
優しく洗いましょう。

丁寧に着れば長持ちし、
ちょっとした節約にもなるので
ぜひ実践してみてくださいね。
タイトルとURLをコピーしました