ギグワークにはどんな種類がある?代表的な5つの仕事を簡単解説!

最近、ギグワークをする人(ギグワーカー)
が増えています。

ギグワークとは、
ネットやスマホアプリを通じて単発・短期の
仕事をすることです。

フリーランスよりも流動性が高いのが
ギグワークで、隙間時間を利用して
仕事をするのが特徴です。

日本や世界中でギグワーカーが増えており、
注目されています。

そんなギグワークですが、
具体的にはどんな仕事の種類が
あるのでしょうか?

ギグワークの種類は、主に

・デリバリーサービス
・代行サービス
・事務作業
・クリエイティブ活動
・IT技術の提供

この5つに分かれます。

 
スポンサーリンク

代表的なギグワーク5選を解説!それぞれの特徴や必要な物は?

冒頭で述べたように、
ギグワークは主に5つの種類に分かれます。

それぞれの特徴や、必要なものについて
詳しく解説しましょう。

 

デリバリーサービス

ギグワークの代表格といえば、
デリバリーサービスです。

アプリを利用して
お客さんが注文した料理や商品を配達する
サービスは、有名ですね。

デリバリーサービス系のギグワークを
するなら、自転車やバイクなどの
移動手段が必須になります。

常に移動をするので、
体力も必要です。

また、飲食店は都市部のほうが多く
利用客も都市部に集中しています。

自分の住んでいる場所が、
デリバリーサービスの実施地域かどうかも
あらかじめ確認しておきましょう。

 

代行サービス

代行サービスは、
家事や料理、掃除、運転などの代行が
多いです。

代行サービスは日常生活に密着した
仕事内容が豊富なため、
普段から家事をしていたりする人に
有利です。

また、基本的には
現地へは自分で向かうことになるので
そのための交通手段が必要になります。

ここまでは、
実際に外へ出て足を動かすタイプの
ギグワークを紹介しました。

しかし、
デリバリーサービスと代行サービスに
関しては、住んでいる場所によって
募集している仕事量にかなりの差が
あります。

これより以下は、場所を問わずできる
ギグワークを紹介します。

 

事務作業

クラウドソーシングサービスを利用して、
事務作業を請け負う方法があります。

必要なものは、パソコンと
基本的なパソコンスキルです。

簡単なデータ作成から
電話のやり取りまで、事務と言っても
多種多様です。

本業で事務をしている人や
事務経験のある人なら
自分の経験と重ね合わせて
何が向いていそうかを考えてみましょう。

 

クリエイティブ活動

イラスト作成や動画作成、
写真やデザインの制作などが
これに当たります。

ネットやアプリで募集されているので、
クリエイティブなことに自信のある人
挑戦してみてください。

先に紹介した3つのギグワークよりも
専門性があるのが特徴です。

しかしクリエイティブ活動を
している人自体も多いので、競争率も
高いです。

クリエイティブなジャンルの仕事を
するには、自分の作品例を提示するために
ポートフォリオを作っておくことが
必要になります。

 

IT技術の提供

この中では
最も専門的な分野の仕事になります。

開発やプログラミング、保守など
ITに関する知識や技術を提供します。

クラウドソーシングサービスなどで
募集されているので、探してみましょう。

IT系の仕事を請け負う場合は、
実績が必要になることが多いです。

地道に仕事を請けて、
実績を重ねていきましょう。

本業がIT系で実績を持っている人は
かなり有利になりますね。

 

あなたにギグワークは向いている?実は適性を簡単診断できる!

あなたがギグワークに向いているか
向いていないのかを
簡単に判断してみましょう。

ギグワークに向いている人は、
隙間時間を取れたり
本業以外に力を入れられる人です。

ギグワークは単発の仕事のため、
ちょっとした空き時間に仕事を請けることが
ほとんどになります。

自分で時間を作り出せる人なら、
特に向いていますね。

反対に、向いていない人は
時間管理が苦手な人です。

ギグワークは、仕事の応募からすべて
自分で行ないます。

一度にいくつもの仕事をすることも
あります。

スケジュール帳やアプリなどで
時間管理ができる人でないと、
なかなか続けるのは難しいのが現状です。

私の周りでも副業としてギグワークを
している人が何人もいますが、
長く続けていられるのは
きちんと自分で予定が管理できている人が
大半です。

 

まとめ

ギグワークの種類について、
代表的なものを紹介しました。

現在はまだ数が多くなかったり
もらえるお金が少なかったりする仕事も
あります。

しかし、今後ギグワークは
さらに勢いを増していくでしょう。

既に中国では、
2021年にはギグワークの従事者が
数億人を突破しています。

いろいろな事情で普通の働き方が
できない人や、ちょっとした新しい仕事を
探している人にとってギグワークは
いい働き方になる可能性を含んでいます。

これからギグワークがどのような広がりを
見せるのか注目していきたいですね。
タイトルとURLをコピーしました