イースターエッグを作って飾ろう! 自宅での簡単な作り方をご紹介

イースターエッグを作って飾ろう! 自宅での簡単な作り方をご紹介

色とりどりに塗られた卵たち。イースターエッグは復活祭には欠かせないアイテムですが、今回はそんなイースターエッグを、自宅で作っちゃおう!テーマでお届けします。

 日本ではまだまだメジャーではありませんが、インテリアの一つとして、また、春の訪れを祝う意味でも是非作ってみて下さい。

用意する卵は、生卵?ゆで卵?

 実はどちらでもOKなんです。

生卵・食べる

当日や前日の夜に作って、半日飾って食べる!という方はそのまま着色作業に入りましょう。ただし、放置した場合、中にガスが溜まって破裂することもあるそうなので、食べ忘れにはご注意を!

 日本は高温多湿の国ですから腐りやすいんですね。ちなみに使用する着色料は食紅をお使いください。玉ねぎなど自然のもので着色するのも良いでしょう。サインペンやクレヨンなどは控えた方が良いですね。

生卵・食べない

 爪楊枝か針で上下に小さな穴を開け、中身をかきだすか、息を吹き込んで出しましょう。一度中を水洗いし、乾燥させましょう。割れやすいので取扱いには注意してください。
出した中身はそのままお料理に使ってしまいましょう!

ゆで卵・食べる

通常食べる時と同じで良いのですが、固ゆでにして下さい。
生卵を食べる場合と同じく、着色の際には口に入っても大丈夫な染料をお使い頂き、当日中にお召し上がりください。

ゆで卵・食べない

 一番定番のやり方だと思います。

こちらも固ゆでにして、サインペンやクレヨン、絵具や蠟引きなど多種多様な方法で装飾できます。万が一、落としたりぶつかっても大した怪我にならないので、お子様と作る時には良いでしょう。

 最近では手芸用品店やホームセンターなどでも、発泡スチロール形に成形されたものが売られています。卵に着色は・・という方はこちらを使ってみるのもおすすめですよ。一個あたりも数十円から大きなものでもそんなにしないので、たくさん作って飾る方や、お子様とゲームで使う方もこちらの方が良いかもしれませんね。

何で塗れば良いの?

 「何を使っても構いません。」

結論が簡単すぎて拍子抜けしますが、サインペン・絵具・蠟引き・クレヨン・食紅など、何でも使って下さい。
上記の様に食べるつもりで作る方は、口に入ってよい染料をお使いください。

 模様に関しても特に決まりはないので、自由に飾りましょう!

「ただ、そう言われても漠然とし過ぎてわかんないなぁ・・。」という方に、アイディアをいくつかご紹介したいと思います。

地を染める

 やはり、イースターエッグと言えば、カラフルな見た目が命ですから、印象を変えるには白ではない色に染めてしまうことや、マーブルなんかがおすすめです。

 用意するのは、卵・食紅(着色料)・お酢・お水・プラスチックやガラスなどの卵が全部浸かる容器・スプーン・卵を乾燥させておける箱やスタンド・布。

 基本はこれらです。こちらの様に野菜の色素を使って作るものは、ストッキングや、型抜き用のお花をご用意ください。


一つの色に付き一つのカップと染料が必要です。この時、アルミや鉄は絶対NGです。

アメリカなどではこの日の為に専用のキットが売られるそうです。


6分頃までが染める様子を写しています。)
こんな感じで染めていきます。

分量としては、粉末着色料1/8もしくは液体着色料小さじ12程度に、酢を小さじ1で溶かします。
溶けたら更に酢小さじ1と水1カップで完全に溶かして一つです。

 好みの濃さに調節して頂ければ良いのですが、この時卵を長時間浸けていると色濃く仕上がります。薄くしたい場合には、染料液を薄めに作り、その都度好みの濃さまで浸けて下さい。

 お花形に抜いた様に、水玉や好きな所を白く抜きたい場合は、マスキングテープや輪ゴム、シールを貼るなどして覆ってから着色しましょう。

 マーブルにしたい時は、表面にオイルを12滴垂らして軽くかき混ぜます。

液がマーブル状になったところに卵を付けましょう。取り出し乾燥したら、表面のオイルは布で拭き取ります。

模様を描く

 本場のものは緻密なデザインが多いようですが、これは親しい人同士贈り合う習慣があるからだそうです。お家で作る分には全く決まりがありませんので、

イースターのもう一つのキャラクターである、ウサギに見立てて塗ったり、

Happy Easterと書いても良いですね。

▼こんな本格派も。


▼可愛くシールを貼ったり。


本当に人それぞれです。固形のりで模様を描き、その上からラメを振ると、のりの部分にだけラメが付いたり、デザインやアイディアは無限大です。
せっかくのイースター、是非
作ってみて下さい(*^_^*)

イベント・行事カテゴリの最新記事