プロジェクターとテレビはどっちがおすすめ⁈メリットを徹底比較!

これまでは、テレビ放送を見たり配信作品を
見たりするときに欠かせないのは
テレビでした。

しかし最近では、テレビの代わりに
プロジェクターを持つ人も増えてきています。

テレビもプロジェクターも、設定をすれば
同じような作品を楽しむことができますが、
どっちを買うのがいいのでしょう?

今回は、それぞれのメリットと共に、
どんな人にテレビ/プロジェクターが
おすすめなのかを説明します。

まずテレビのメリットは、
・画質が綺麗
・部屋が明るくても見れる
・操作が簡単
なことです。

画質に拘る人、何かしながらテレビを
見たい人、手軽に見たい人におすすめです。

プロジェクターのメリットは、
・大画面で見れる
・価格が安い
・省スペース
なことです。

迫力重視の人や、予算を抑えたい人、
部屋をスッキリさせたい人におすすめです。

 
スポンサーリンク

【徹底解説】プロジェクターとテレビのメリットとおすすめポイント

冒頭を見ればお分かりかと思いますが、
テレビとプロジェクターのメリットは
かなり違いがあります。

何を重視するのかによってどちらが
おすすめなのか変わってくるので、
詳しく解説しましょう。

 

テレビ

画質が綺麗→画質に拘る、4K画質で見たい人

まず、最近のテレビの画質は
とても綺麗になっています。

フルハイビジョンはもちろんですが、
4K対応テレビも普及率
上がってきました。

また、画面に有機ELを使ったテレビは
色に深みが出るなどテレビは画質面で
進化を遂げています。

プロジェクターは良くてフルハイビジョン、
ここまで綺麗な映像を出すことはできません。

特に4Kで配信されている
映画を観たい人は絶対テレビを
おすすめします。

部屋が明るくても見れる→日中テレビを見る、ながら見をする人

次に、テレビは部屋の明るさに関係なく
はっきりとした映像を映してくれます。

昼間によくテレビを見たり
何か別のことをしながらテレビを見る人は
部屋が明るくないと見づらいですよね。

 

操作が簡単→すぐにテレビを見たい

テレビはリモコンのボタンで
簡単に起動できます。

機材の準備や立ち上がりにも
時間がかかりません。

なるべく時間をかけずに早くテレビを
見たい人にはテレビの方が便利だと
感じるでしょう。

 

プロジェクター

大画面で見れる→迫力重視の人

プロジェクターは、なんといっても
大きな画面が魅力的です。

投影できる壁さえあれば、
100インチくらいの画面も
映すことができます。

テレビで100インチはとうてい無理ですが、
プロジェクターなら一般的な部屋で
実現可能です。

大きな画面で迫力のあるものを
求めているならプロジェクターが
おすすめです。

 

価格が安い→初期費用を抑えたい人

実は、プロジェクターはここ数年で
かなり価格が安くなっています。

フルハイビジョンの高画質プロジェクターで
だいたい6万円前後です。

テレビで6万円というと、あまりスペックの
いいものは選べないかもしれませんね。

本体価格はプロジェクターのほうが安いので、
初期費用を抑えたいなら
プロジェクターのほうがおすすめです。

ただし、電気代はテレビと同等かそれ以上に
なることもあるので、ご自身の電気プランを
確認しましょう。

 

省スペース→部屋に物を増やしたくない人

プロジェクターは壁に投影して使うので、
テレビの様に常に場所を取ることは
ありません。

テレビは部屋を圧迫する原因にもなります。

本体もそこまで大きくないので、使わない時は
クローゼットや棚に収納しておけます。

部屋をスッキリさせることができるので、
物を増やすのに抵抗がある人には
大きなメリットと言えるでしょう。

 

プロジェクターとテレビのデメリットとは?知っておくべき注意点

どちらもメリットがありますが、
デメリットも知っておきましょう。

これが気になる人は、少し冷静になって
購入を検討した方がいいかもしれません。

まずテレビのデメリットは、
場所を取ることと
本体価格が高くなりがちなことです。

場所を取ることは、プロジェクターの
メリットの部分で述べましたね。

また、いいものを買おうとすると、テレビは
どんどん価格が高くなっていきます。

また、綺麗な映像に見合う音響にしたいと
思い始めると、スピーカーも購入することに
なるかもしれません。

機材に費用がかかりがちなのは
テレビの問題点です。

次にプロジェクターのデメリットですが、
明るい部屋で映りにくいのと動作音が
大きいことが挙げられます。

部屋が暗ければ綺麗に映りますが、
どうしても明るいと
綺麗な映像になりにくいです。

そのため、夜以外に使うと物足りなく
感じてしまいます。

また、プロジェクターはテレビにはない
「ジー」という独特な動作音があります。

静かなシーンなどで動作音が
気になることがあるでしょう。

安いプロジェクターは動作音が
うるさくなりがちです。

 

まとめ

テレビとプロジェクター、
どちらもメリットとデメリットが
対になることが分かります。

両方買ってみて分けて使うのもおすすめです。

昼間の時間帯やニュースを見るときはテレビ、
夜にまったり映画を観るときは
プロジェクターなど、それぞれ雰囲気に
合わせて使うと生活の質も上がりそうです。

 
タイトルとURLをコピーしました