たった一手間で美味しくなる!レタスをパリッとさせる方法

安い時にレタスを買っておくと
気づいた時には、葉っぱがしなしなに
なってしまっていること
ありませんか?

レタスって意外と食べきれなくて
私もよく余らせてしまいます…

 
でもやっぱりレタスと言えば
パリパリの食感を楽しみたいですよね。

 
実は…
50℃のお湯に浸して冷水にくぐらせるだけで
採れたてのレタスのように
パリッパリの食感に蘇るんです!

 
今回は、レタスをパリッとさせる方法
合わせて食べたいレシピを2つ紹介します。

 
 
スポンサーリンク

お湯にくぐらせて待つだけ!レタスをパリッとさせる方法

まずはレタスを一枚ずつに分けて
使う分だけ用意してくださいね♪

用意するものは4つです。
  • 大きいボウル
  • 熱湯
  • 冷水
では、具体的な方法を説明していきます!

 

50℃のお湯をボウルに入れる

50℃のお湯を作って
レタスが浸るくらいボウルに入れます。

「いやいや…温度計なんて持ってないよ…」と
思ったあなた!

ご安心ください。

熱湯と水を同じ量入れるだけ
大体50℃のお湯がつくれます。笑

とっても簡単ですよね!

温度はきっちり50℃じゃなくてもいいので
ずっと触っていると熱い!と
感じるくらいの温度ならOKです。

 

レタスを1~2分浸けておく

お湯に1~2分つけておく
たったこれだけです。
(ほぼ何もしていません…笑)

 
10分以上つけておいても良いのですが
レタスの中に含まれている
水溶性ビタミン(水に溶けやすいビタミン)が
流れ栄養が逃げてしまい
とっても勿体ないんです(泣)。

 
また、熱いお湯に長くつけてしまうと
本当に、しなしなになってしまうので
要注意です!

 

冷水にくぐらせる

お湯に浸し終わったら、
冷水にくぐらせてよ~く
水気を切りましょう

2つのざるで球体を作って
シェイクすると簡単に
水を切る事ができますよ。

 
冷水に入れて取り出した途端
レタスがパリッとしているのが
分かるはずです!

やっぱりレタスはこうでなくっちゃ♪

たった一手間で美味しく食べられるなら
やらないと損ですよね♪

 

パリッと感を残したい!栄養豊富で美味しいレタスレシピ2品

せっかくパリッとさせたレタスなので
パリッと感を残したまま
調理したいですよね。

レタスには、カロテン、ビタミンE、
ビタミンC 、カリウムが
含まれています。

カロテンとビタミンEは
油と相性が良く、

ビタミンCとカリウムは
熱に弱いので、

レタスは熱しすぎず、油と合わせる
栄養もバッチリ摂れます

では私のオススメのレタスレシピを
ご紹介します♪

 

レタスとトマトのごま油ドレッシングサラダ

レタスと言えば、やっぱりサラダを
イメージしますが、重要なのは
トマトを合わせてドレッシングを
かけること!

 
トマトにはリコピンが含まれているので
ビタミンEと合わさって
抗酸化作用を発揮してくれます♪

さらに、
ゴマ油のドレッシングをかけることで、
ゴマ油のビタミンE、
さらに腸内環境を整える作用があるので
合わせて食べるのがお勧めです♪

ゴマ油が入っていると永遠に
食べられちゃうんですよね…笑

気を付けないと。笑

 

シャキッとそのままレタスチャーハン

いつものチャーハンにレタスを加えるだけの
簡単レシピです。

具材は何でもOK。

ご飯、卵、ハム、ねぎなどなど…
コツは、レタスは火を止めてから
サッと入れることです。

火を通しすぎると栄養が
逃げてしまいますし
レタスのシャキッと感も
なくなってしまいます…

栄養もそのまま、炒める油で栄養が
パワーアップするので
私は、ササッと食べたいときに
レタスチャーハンをよく作っています♪

いつもと一味違ってとっても美味しいですよ!

 

まとめ

<レタスをパリッとさせる方法>
  • 50℃のお湯をボウルに入れる
  • 50℃のお湯にレタスを1~2分浸けておく
  • レタスを冷水にくぐらせる
 
<レタスのお勧めレシピ>
  • レタスとトマトのごま油ドレッシングサラダ
  • シャキッとそのままレタスチャーハン
 
以上が、レタスをパリッとさせる方法に
ついてです。

レタスはシャキッとすると、
食べ応えがあって美味しいですよね♪

まとめ買いをしても、これで安心です。

レタスの調理法によっても
栄養が変わってくるので
是非お勧めしたレシピを
作ってみてくださいね!
タイトルとURLをコピーしました