鳥取砂丘を完全案内!観光コースによって変わる所要時間に要注意!

鳥取砂丘へ観光に行こうと思ったとき、
どのくらいの時間がかかるのか、
気になりますよね。

プランにもよりますが、ガイドツアーで
散策をする場合は、30分~120分
時間がかかります。

ガイドツアーを使わない場合は約1時間で
巡るのが1番効率的に楽しむことができます。

 
写真を撮ったり、頂上でのんびりしたり
ビジターセンターで様々な体験をしたりすると
さらにかかってしまうかもしれません。

また、アクティビティを行う場合には、
待ち時間や説明を受ける時間を合わせると
1時間を軽く超えることもあるので、
時間には余裕を持った方が良さそうです。

 
スポンサーリンク

30分から120分まで!所要時間別コースの内容を紹介!

なぜ所要時間にばらつきがあるのか、
気になりますよね。

それは、コースによって特徴が異なるからです。

あなたが巡りたいコースやスポットに
合わせて選ぶことをおすすめします。

 
30分のコースは、砂の波模様である
風紋」のでき方を学ぶコースです。

ビジターセンター内のみのツアーですが、
短い時間でも十分楽しめるよう計画されています。

45分のコースは、鳥取砂丘の魅力を
ビジターセンターで解説を受けることができる
コースです。

30分のコースよりも長い時間で砂丘の
魅力を知ることができます。

60分のコースは、東側を散策するツアーです。

追後スリバチ、砂丘植物群落、火山灰露出地
回るツアーです。

散策をしながらのツアーでは一番短い
ツアーですが、十分楽しむことができ、
1番人気です。

90分のコースは2つあります。

1つ目のコースは、
30分のビジターセンター内のツアー内容と
60分の散策ツアー内容が合わさった
コースです。

2つ目のコースは、
60分の散策のコースよりさらに奥へ行き、
馬の背まで歩くコースです。

120分のコースは、
30分のビジターセンター内のツアー内容と
90分の馬の背まで歩くコースが合わさった
コースです。

ツアーを使わない場合は、
説明の時間がないため、1時間でも
十分楽しむことができるのです。

 

鳥取砂丘を楽しむために!気を付けたい3つのポイントとは!?

鳥取砂丘に観光に行く際、
注意したいことがいくつかあります。

1つ目は、気温です。

ラクダに乗ることができ、海外の砂漠の
撮影にも鳥取砂丘が使われるくらい、
夏は非常に暑いことが考えられます。

水分補給をしっかり行い、体調管理には
気を付けたほうが良いでしょう。

しかし、ビジターセンターにしか
トイレが無いので、飲みすぎには注意です!

 
2つ目は、です。

砂丘の砂は、非常に細かく、
すぐに靴や靴下の中に入ってしまいます。

サンダルや長靴をレンタルすることができるので、
レンタルするといいですね。

実際、私も鳥取砂丘ではありませんが、
近所にある砂丘に足を運んだ際、
近くにいたカップルのうちの女性の方が
「靴下の中に入った」と騒いでいるのを
耳にしました。

私はサンダルを履いていたので
特に違和感があるということもなく
快適に楽しむことができましたが、
砂が靴下の中に入ってしまうと違和感がして
あまり楽しめなくなってしまいますよね。

そのため、必ずサンダルか長靴を持参するか
レンタルすることをお勧めします。

 
3つ目は、荷物です。

荷物が多いと、重いし邪魔になるしで
大変な思いをしてしまいます。

ビジターセンターには鍵付きの
ロッカールームがあります。

荷物はそこに入れ、必要最低限のものだけ
手に持って歩くようにした方が良さそうです。

体調に気を付けながら、楽しく観光を
するためにも、季節や服装、荷物など、
気にする部分はしっかりと気にしたうえで
臨むようにしましょう。

 

まとめ

鳥取砂丘は、他にも魅力的な
スポットが数多くあります。

周辺の観光スポットも人気が高く、
外国人も訪れることが多いことでも有名です。

また、その広さと砂丘の雄大な自然が
あることから、ドラマや映画などの
砂漠のシーンに使われることも多くあります。

広い自然の中で、アクティビティや
散歩などを楽しんでみませんか?

きっと素敵な思い出ができますよ。
タイトルとURLをコピーしました