スーツケースにベルトは必要?TSAロックやベルトの巻き方も解説!

旅行に行く際にスーツケースは欠かせないアイテムとして使われていますよね。
みなさんが持っているスーツケースにはベルトを付けていますか?
鍵付きのスーツケースだから問題ないと思っている人もベルトをした方が良いかもしれません。
その理由とスーツベルトの巻き方やおすすめの物などを紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




◯スーツケースにスーツベルトは必要?鍵付きじゃあダメ?

みなさんが持っているスーツケースに鍵は付いていますか?
鍵がついているのであればその鍵は「TSAロック」というものでしょうか?

海外旅行に行く時(主にアメリカ領土)は、「TSAロックの鍵を付けるか・鍵を付けない」という状態で預けなければなりません。
もしTSAロックでない鍵を付けたまま預けた場合は
テロ防止のため鍵を壊されてしまいます。
テロ防止のために荒々しくても実行してしまうようです。
それに、いくらTSAロックの鍵を付けていても運ぶ際にスーツケースが投げ出された衝撃で開いてしまうこともあります。

そこで活躍するのが「スーツベルト」です。スーツベルトをしておくことで
・衝撃に強くなる(運ぶ際の)
・盗難防止になる(ベルトを巻くことで)
・受け取る際の目印になる(遠くにあっても見つけやすくなる)

このような点でメリットとなります。コンパクトで手軽に付けることができるので1つはスーツケースの中に入れておくと良いですね。

◯スーツベルトはどうやって使う?

スーツベルトは色々な種類や価格で販売されています。安価な物も多くありますが、スーツベルト本来の役目であるスーツケースを固定するという機能をしっかり果たせるか?を重点に置き選ぶと良いですね。

スーツケースへの巻き方は、必ず持ち手の下を通すようにして巻きつけ、強く引っ張り密着させましょう。
残ったベルトは中に折り込み、ネームプレートが持ちの下に来るようにすると良いです。

◯おすすめスーツベルトはこれ

・レレバート ワンタッチスーツケースベルト
こちらのスーツベルトはスーツケースをオシャレにしたいと考えている人におすすめです。スーツケースにアレンジが効いて荷物受取りの時にも目立ちます。

・パレット TSAワンタッチスーツケースベルト
こちらのスーツベルトは「TASロック」付きスーツベルトです。明るいカラフルなカラーな12色がラインナップされています。TASロック機能には、空港でのチェックがされたかが分かるインディケーターも付いています(マスターキーを使うと色で表示)。

・Newbag Wakamatsu スーツケースベルト
こちらのスーツベルトには「TASロック」と「ナンバーロック」が付いています。デザインはボーダーを貴重とした物となっていて、落ち着いたカラーラインナップはビジネシーンにも合うようになっています。

スーツベルトについてまとめました。
私もスーツケースを持ち歩く際は、スーツベルトを使用しているので、使用したことがない人はぜひおすすめしたいです。荷物受け取りの時にとても便利ですよ。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

フォローする